« それは(BlogPet) | トップページ | ロイヤルカスタード+ »

2006/11/13

のだめカンタービレ

ドラマをみていて、マンガのテイストがちゃんと生きてて、あんまりドタバタっぽくないし、駆け足っぽくいっぱい話をつめこんでるし、エピソードの順番もごちゃごちゃだけれど、無理なくできてる

絶対にこれだけはしないとおもってた
マンガの大人買いをしてしまった(^^;

【予約】 のだめカンタービレ 1~16巻セット

おこさまに勧めてみたらいっき読み
…次の最新刊からは読みたくば買うようにと協定を作る

本日のドラマは学園祭でラプソディ・イン・ブルーの回
うちの携帯電話のどれかがこの曲を着メロにしているのだけれど、あのフレーズが曲の途中からだったと知ったのはドラマをみててこの曲がながれたからだ
違うラプソディ・イン・ブルーだとばかり
「やるならここだろ」のシーンもほ~っと感心したけど、マングースのピアニカは想像がつかなくてどうなるのだろうとおもってたら、ナルホドそんなかんじかぁとまた感心
もじゃもじゃ組曲はやるんですかねぇ

でも、このマンガにでてくる曲は、クラシックファンな人はわかるのはともかく、ちょこっとCMで聞いたとか、音楽の授業で聞いたとか、結構有名な曲が多いので聞けば「あああれ」と思うことも多い
「結婚できない男」でもよくクラシックを聞いていたシーンがあったし、「喰いタン」でもBGMがクラシックだったし、ちょこっとドラマでクラシックがBGMがブームなのかな

オムニバス/のだめカンタービレ ベスト100
こんなのもだんだん欲しくなってきた

|

« それは(BlogPet) | トップページ | ロイヤルカスタード+ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56240/12675193

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ:

» のだめカンタービレ、第5話・ラプソディ・イン・ブルー! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
のだめカンタービレですが、今回は竹中直人が中心で演奏も多かったです。学園祭が迫り、竹中直人は千秋(玉木宏)にAオケのピアノをやるように言うわけです。 Sオケでは、主役ののだめ(上野樹里)も珍しくいろいろ活躍していたと思います。千秋とは別行動なわけですが、のだめから「遅くなるので一緒に御飯食べれません」と言われた千秋は「お前が断るな!」と空手チョップを決めていました。(のだめカンタービレ、第5話感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2006/11/13 23:19

« それは(BlogPet) | トップページ | ロイヤルカスタード+ »