« 妙高杉の原スキー場 | トップページ | 妙高杉の原スキー場 その三 »

2007/02/08

妙高杉の原スキー場 その二

昨日の記事の続き

この妙高杉の原スキー場は、コースが長いんです
午前中にスクールで滑った距離が、第一高速クワッドリフトに乗り三キロくらい(コーチ談)
午後は、さらにそのうえの第二高速クワッドフード付きリフトに乗せられ、余裕シャクシャクで滑り降りる家族どもをとお~い眼で見送りながら、
「ど~して斜面がこわくない?」
…斜面でスピードが思ったより出ると絶対に止まれないのでちょっと斜めでも怖い
斜面にびびりながら、超スローペースで滑るも転倒しまくり
コーチに注意されたことをそっくりそのまま指摘されて、スクールのコーチには言われても納得してごもっともという感じなんだけれど、身内に言われると非常に腹が立つのはなぜだろう

ようやく第二クワッドリフト分を降りきった時、下からリフトで上がってきたお子どもと会う
三回目らしい
…自分はリフト券の元は取れそうもない(^^;
午前中に降りたコースは、転びそうなところがあらかじめわかっていたので、あいかわらずの亀のあゆみだけれど転ばずに進む
ちょびっと上手になった気分
一箇所、急なところがあってスピード制御できぬままコースをはずれそうになって林の下ばえにつっこみそうになるのを踏みとどまったが、新雪の部分にはまって全身雪まみれになり、雪って塩っぱいのは本当と知る
おまけに、通りがかりの人に「だいじょうぶですか」と心配される
…きっと、怪我でもしてたら大事だとおもったのでしょうね
ここのスキー場、リフト下の進入禁止のところを滑っている人もいたようです、でも、コース外で遭難した場合はレスキューにはいきませんときっぱりアナウンスされてました

下までやっとのことで降りたら、もうゴンドラの止まる時間の4時でした
明日も午前中くらいはすべることができるだろう、ホテルに行こうということになりました

ホテルの話はまた後日

|

« 妙高杉の原スキー場 | トップページ | 妙高杉の原スキー場 その三 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56240/13838585

この記事へのトラックバック一覧です: 妙高杉の原スキー場 その二:

» スキー宿 [スキー宿のご案内]
スキー宿のご紹介です。 [続きを読む]

受信: 2007/02/09 10:04

« 妙高杉の原スキー場 | トップページ | 妙高杉の原スキー場 その三 »