« うさうさは宅配したいなぁ(BlogPet) | トップページ | ぎんなん »

2008/10/31

天切り松闇がたり 第4巻 昭和侠盗伝

ずいぶん前に買ってしばらくほうっておいた
続きがなさそうだったので、じっくりと読もうとおもったのだけど、読み始めたらあっというまだった

虚実をおりまぜ、その時代を描くのは、やっぱり上手いなぁとおもう
でも、安吉親分は隠居状態に近いし、寅弥も栄治もぱっとしないし、常さんとおこんねえさんと松蔵の話
おこんねえさんは、いつもかっこいいとか、松蔵の「天切り」は、なんか失敗確率たかくないかいとか、この後、この人たちはどうやって生きていくのだろうとか、色々思うことがあったけど、戦前の昭和の激動の時代を生きて歴史の生き証人になった人たちの誰も書かなかった側面を物語にしましたみたいなところがみえて、ちょっと、期待してたのとは違うなぁと気がついた
もっと、「盗人」をなりわいとした人たちの「業」をみたかったのだけど、だんだんとそれが薄れてきた
この人たちが「盗人」のまま一生を過ごすというのがどんなのか読みたかったのだけど、それを美化したらよくないのだろうなぁ
肝心の松蔵の活躍ぶりが、闇がたりと同じように小気味よくスカッと決まらないのがちょっと不満

|

« うさうさは宅配したいなぁ(BlogPet) | トップページ | ぎんなん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56240/42966920

この記事へのトラックバック一覧です: 天切り松闇がたり 第4巻 昭和侠盗伝:

« うさうさは宅配したいなぁ(BlogPet) | トップページ | ぎんなん »