映画・テレビ

2010/01/07

容疑者Xの献身(DVD)

昨年の11月、ごたぶんにもれず新型インフルエンザ家庭内に上陸した
薬を飲んでれば、熱も上がらす、元気な家族をもてあます
家庭で楽しめる娯楽は?とレンタルDVDで見た
年末にTV放送するなら、借りてこなかったよsad

TV的な「ガリレオ」部分は、最初の磁石の実験のところだけで、あとはひたすら地味
ミステリというよりは純文学的、小説から受ける感じとは違った
でも、こういう映画嫌いじゃない
TVドラマのスペシャル超拡大版な作り方でなくてよかった

映画を見て、わかったこと
そうかこの作家さんの作品て、絶対的に悪い人がいないんだ
人を殺めるのにも理由がある、殺されるほうにもそれなりの理由がある
では、理由のない殺人をしたひとは、理由もなく殺されたひとは、誰でしょう?
ただの「献身」じゃそこまでできないけれど…
その人の幸せを願っての、緻密に織られた「計画」が、その人によって暴かれる
最後の慟哭は「なんで?」なのか「やっぱり」なのか
自分は、そんな人の犠牲の下、その人のことをきっぱり忘れて自分だけ夢見ようなんて人は「献身」もされないんだろうなと思いますけどthink
でも、殺人は犯罪です
ちゃんと、罪は償おう
そんな教育的な映画かもしれません


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/27

CHANGE

CHANGEのサイトはこちら

後期高齢者認定を受けた月9とはとんと縁のない人をも毎週見ようとさせるドラマです
なんか、ありえないような展開がおもしろいらしい
福岡の人なのに、九州方言のかけらもない主人公の話しっぷりにゲンナリする自分ですがsad
…方言全開で話されても見るほうは困るわけだけど、母親と話すときくらいちょこっと語尾は雰囲気だしてくれ

昨日は、あの演説ってどこかで似たようなのを「見た」よなぁとおもって、ハタと気がついた
郵政民営化をぶちあげ「自民党をぶっこわす」といったあの人の演説です
精神論って言うか、勢いはいいが内容がないと言うか、いかにもやります風にキレイ事ばっかり並べ立ててる感じがそっくり
わかりやすいが、だからどうしたいの?と突っ込みたくなる
みのもんたの「朝ズバ」みたいだなぁ
税金の無駄についてあげつらうけど、だったら無駄に使ってはいない税金ってのはどういう定義なのか教えてくれっていつも思う
で、ここはこんな風につかってますよ~、みなさんどれが無駄だと思います~って見てる人に判断させてくれ
「ぶっこわす」っていってたけど、本当に壊れてる?
郵政民営化はしたけどね

…そういえば、新聞のコラム欄で元秘書の方がドラマの内容に触れて「こういうところは変だし、絶対にないことなので脚本かえるように」とドラマの監修をしているようなことを書いていたのを読みましたが、あれで直してあったのかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/01

HEROES

日テレではじまったHEROES
毎週木曜25時59分って、金曜の朝じゃないの?

DVDの発売のときにあちこちでCMをしていて、興味がなかったけどみていたらなんか面白そうと思ったのでいつかレンタルで見ようと思っていた
毎週放送してくれるなら、ハードディスクレコーダーに予約録画ですむので、わざわざ借りにいくこともない
で、先週一回目をみた

なんか、登場人物がめちゃめちゃ多いし、みんなどこかのだれかで繋がってるし、まだまだはなしの導入もいいところなので、ハテナマークが飛び交うばかりで一回見ただけじゃわからない
飛び飛びでヒマなときに、都合三回くらいみてなんとなく理解したかな?という感じ
でも、この何の脈絡もない、場面転換の多い、謎いっぱいなドラマがどうまとまってひとつになるのかと考えたらワクワクする
今日も録画をしてヒマなときに見ると思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト

よくいくレンタルショップのサービスで、会員番号の下2桁が店頭表示とあっているとその月のレンタルCD、ビデオ、DVDが毎日一本無料というのがある
自己申告制なので月が変わって店に行ったときにはいつも確認していたけれど、あたるとは思ってなくて今月はじめに店に寄ったついでに確認して「おぉ?」と目を疑う
会員証を受付に差し出し「これあたってます?」と念を押す
受付のおにいさんが、「はい大丈夫です」といい、
会員証のバーコードスキャンして操作したら「これで今月は新作以外は一日一本無料で借りられます」

というわけで、この間TV放送していた「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」をみて面白かったので続きを借りる

一作目は面白かったけれど、なんかパターン化してるあれやこれやを繋いでストーリーにしてみましたみたいな感じがしてどことなく先が読めるというか意外性が少なかった気がした

二作目は、エンタメに走ったような感じだなぁとおもった
ジャックスパロウ船長のおちゃめなところとか、人間的に弱いところとか、つい虚勢を張って後悔したり、「こんなやつだっけ?」と思うほど、一作目はあまりそういうところを深く書いてない気がした
仕掛けも大げさで派手でアクションも無駄に豊富
水車が転がっていくところなんで「ちょっと、ありえないし・・・」と思うけど、三者三様の対応が楽しかった
ひきこまれてわくわく次はどうなるのかとみていたら終わってしまって「あれぇ、続きもの?」と拍子抜け
一作目のほうは一応決着がついた形になっていたのでそういう形で終わるものだとばかりに思い込んでいたからだ
ちょっとあの終わりかたはずるい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/13

のだめカンタービレ

ドラマをみていて、マンガのテイストがちゃんと生きてて、あんまりドタバタっぽくないし、駆け足っぽくいっぱい話をつめこんでるし、エピソードの順番もごちゃごちゃだけれど、無理なくできてる

絶対にこれだけはしないとおもってた
マンガの大人買いをしてしまった(^^;

【予約】 のだめカンタービレ 1~16巻セット

おこさまに勧めてみたらいっき読み
…次の最新刊からは読みたくば買うようにと協定を作る

本日のドラマは学園祭でラプソディ・イン・ブルーの回
うちの携帯電話のどれかがこの曲を着メロにしているのだけれど、あのフレーズが曲の途中からだったと知ったのはドラマをみててこの曲がながれたからだ
違うラプソディ・イン・ブルーだとばかり
「やるならここだろ」のシーンもほ~っと感心したけど、マングースのピアニカは想像がつかなくてどうなるのだろうとおもってたら、ナルホドそんなかんじかぁとまた感心
もじゃもじゃ組曲はやるんですかねぇ

でも、このマンガにでてくる曲は、クラシックファンな人はわかるのはともかく、ちょこっとCMで聞いたとか、音楽の授業で聞いたとか、結構有名な曲が多いので聞けば「あああれ」と思うことも多い
「結婚できない男」でもよくクラシックを聞いていたシーンがあったし、「喰いタン」でもBGMがクラシックだったし、ちょこっとドラマでクラシックがBGMがブームなのかな

オムニバス/のだめカンタービレ ベスト100
こんなのもだんだん欲しくなってきた

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/25

REGZA(レグザ) 37C1000

もう、15年くらい前に買ったテレビが時々ついたり消えたりと画面が点滅するし、画面がぼやぼやとしていて字幕スーパーのような細かい文字がなんて書いてあるかわからないくらいだったので、新しいTVを買うことになった
前々から、買い換えようと度々TVコーナーに足をはこんでいたのだけれど、その15年のTVの代りだと32型程度で十分すぎるくらいの大きさだったのでまぁ買ってもいいかぁ位の値段になっていた
が、いざ買う段階になったら、もう少し大きいの買って居間に置いて、居間のやつを古いTVのかわりにしたらいいかもとかいう話になった
で、37型を物色して、展示現品限りポイント30パーセント付けるなら248000円、ポイントは普通につけて現金価格で179000円の東芝レグザ37C1000をお買い上げ
東芝製品は実は買ったことがない

地上波デジタルは画面がきれい、はっきりくっきり画像が、アナログの放送との違いを際立たせる
教育テレビが2CHで、テレビ朝日が5CHで、テレビ東京が7CHというチャンネルの違いもとまどう
アナログでみられるがデジタル放送をしていないローカルTV局は、地上波デジタルにあわせていると当然映らない騒ぎになるし、日テレやフジTVは同じなのにそのまま10CHにしようとすると違うのになっていてどうなってるの騒ぎになる
説明をよく聞かない固定観念で生きてる人はその辺を納得しないので大変
デジタル放送だとデーター放送もしているので、TVを見ながら天気予報やニュースの概要もわかる
デジタルBSでその辺は便利だと思っていたのでこれはうれしい
…諸事情でデジタルBSがよく映らないので、デジタルBSの換わりになってよかった

最大の欠点は、このCシリーズはレグザシリーズの廉価版TVなので、ハードディスクレコーダー内蔵のHシリーズやパソコンにも繋げることができるZシリーズよりは値段がお安いので機能が削られている
で、今まで二画面分割機能があったTVで野球みながらバラエティとか、サッカーみながらドラマとかみてたので37型でさぞかし分割画面もみやすくなったろうといそいそリモコンで設定しようとしたら、
あれぇ、ない(^^;)
取り説をみてもそんな説明事項がない
…パンフレットにはあったのに(^^;)
パンフを取り出しみてみると、二画面分割機能がついてるのはZシリーズだけだったのでした
ううう、ちょっと大画面TVの意義が薄れた
それと、ちょっと音が小さい?今までの音量よりあげないとしゃべってる声などは聞き取りにくい
音楽とか効果音とか人が大勢でわ~と騒いでる音とかは小さくてもきれいに聞こえるけど

これ、うちの居間(15畳くらいのLD)にはちょうどいい大きさでこれでよかったとおもいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/04

HERO

この番宣のための再放送をちょこっと見て、昨日の放送をみる
途中のニュース速報になにごと?と血相を変えるが、中田選手現役引退とでて「速報でしなくてもいいのでは」と思ったのは、速報ってもっと事件性のあるものに使うと思っていたから

まず、再放送では気にならなかった主人公「久利生公平」の服装、トレードマークがラフな格好とはいえいくらなんでも、もう五年も検事として働いてるわけだし、一応公務員でお給料はそこそこにもらっているはずだし、釣りした格好のまま釣り道具をもち勤務地に向かうのは「普通の人としても」どうなの?
茶髪にロン毛というのも「キムタク」としてはいいのだろうけど、ちょっと役柄の年齢考えても茶髪はともかくもうちょっとこざっぱりした髪型の方がよくないかなぁ
そのへん、5年の歳月というか、成長してる証があってもいいとおもうのだけれど
ある程度年を重ねたなら、TPOにあわせてそれ相応の格好をしないとみすぼらしいだけと思うのは、自分も年とって頭がかたくなってるのかなぁ

話としては、再放送でみた雰囲気は出ていて、おもしろかったけれど、完結してるようなしてないような、続きがあるけどいつでもいいような、そんな話だったので最後では拍子抜け
評判よかったら、たま~にスペシャルとかしてみようとか、映画化しちゃいますかとか、フジテレビ戦略にはってんしてるのかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/10

チャーリーとチョコレート工場

レンタル一週間落ちを待っていたのだけれど、人気があるのか借りられやすいものはなるべく回転を早くさせておきたいのか、なかなか思うようになってくれないので、サービスディでやっと借りられて見たと言う感じ
子供にはおおむね好評
ウンパ・ルンパがでてくるたびに笑う

リリカルなのにシュールな色使いの工場の中、奇抜な格好なのにステレオタイプな登場人物、ファンタジックにみせかけたシニカルな話、遠まわしなセリフでテーマを語らずそのものズバリを登場人物にいわせるところは、わかりやすいので花丸
こういう話は好きです
「シザーハンズ」も好きなのだけれど(いつも最後に雪が降ってくるところでうるうる)ちょっとそれに舞台設定はにているかも…監督同じだし(^^;)
劇中の「2001年のチョコレート」(勝手に命名)を見ながら、ウンパ・ルンパはクローントルーパーかなぁとおもってしまった自分
「ガラスの大エレベーター」はきっとあれだ
「チョコレート工場の秘密」の続きなのでどうせならこれもやってほしい

気になったのはチャーリーが子供なのに大人すぎ、ワンカさんは大人なのに子供すぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/30

タイガー&ドラゴン

再放送を見ました
「明烏」の回からなんですけど、本日最終回

お子様が「はなまるマーケット」がとても好きで休みの間はみてるのですが、その流れで何気にみたら、おもしろいねぇということになり、そっこ~でレンタルDVDを確保しにいく
初回の放送は夜10時で自分はニュースの時間と決めている、子供がいないと午前中にはTVをみないやつなので、休みじゃないと見ないでおわるところだ
表に一週間レンタルとあったので「よし」とVOL.1を手に取ったのですが(新作だと借りてる期間が短いし、レンタル料金が高い)受付カウンターにて
「これは一週間借りられますが『新作』なので料金は新作をいただきます」
…なんですと(^^;)どこかに、大きく表示してくれ
幸い、春休みなのでサービス日が沢山とってある
火曜は新作半額なのでそのときに見てないのを借りて、木曜は一週間レンタル100円の日だから、スペシャルを借りようと、とりあえずVOL1は借りてくる

古典落語を劇中劇みたいにいれて、ドラマの主人公たちが演じるのと、実際のドラマの話に落語の話になぞらえて「ありそうでなさそうな話」にしてオチも落語と同じにする
それを子虎が寄席で落語をやったようにみせている
…入れ子に入れ子が重なってるようなドラマなんだけど、あまりごちゃごちゃしてなくてわかりやすい
落語を知らない人にも知ってる人にもたのしめる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/24

ナルニア国物語 ライオンと魔女

ディズニーのサイトはこちら

大ヒット上映中というものの春休みはこれからという人が多いせいか、レディスデーだというのに朝一番の時間編成が休みモードの8時という時間では人はいず、家族で貸切状態
混んでて次の回にまわされるのもゴメンだし、無理して立ち見もイヤだし、席取りに並ぶのもイヤなものだから、確実に入れる時間をえらんだのに
…う~ん、これでは上映の電気代もでやしない迷惑客ではないか(^^;)
おまけに上映前のワーナーのこの夏上映の映画のCFとディズニーのCFが合計10分ほど、場面が切り替わるたび「これではじまる?」「まだみたい」の繰り返し
…CFはほどほどに

ナルニアの原作は読んでいない
最近ではファンタジーも読むようになったが「ナルニアを勧められる年齢の時にはファンタジーなんて子供っぽい」と思っていたので読む機会を逃したのでした
でも、映画を見てて「これは原作ではもっと説明されてるけど面倒だからはしょってるところがあるでしょう」と思うほどなんだかストーリーのつながりが悪いし、テーマが「兄弟愛」「戦争と平和」「ナルニアの世界観」「勧善懲悪」と色々てんこもりすぎて、説明不足イコールご都合主義にみえてしまう
兄さんに反発する弟も、父親が軍人で学童疎開をせざるおえない4人兄弟も、白い魔女の言うことを聞かないやつは石にするのも、みんな最後にはよい方向にむかうための話なんだというのがみえてしまって話が最後に向かうほど面白みが減っていくような気分になった
原作を読んでいて、ある程度「自分のナルニア国」があればもっとわくわく映画をみられたかな

ターキッシュディライトってなに?とずっと頭の片隅に引っかかっていたのもわくわくが減った原因だろうか

ターキッシュディライトはナルニア国でわかります

この記事は上を向いて歩こうナルニア国物語にトラックバックしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)