心と体

2004/10/26

アロマテラピー

はじめてのアロマテラピー

池田書店
1998-06
売り上げランキング 7,810

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

学校のPTA行事の一種で、アロマテラピー講座というのがあったので行ってみました。
こういう香り系って結構苦手で、最初はいい香り~とか思うんですけどいつもその香りがついて回るとうんざりというか、頭痛がしてくるので、あぁこういうのって合わないなぁとおもってたんですが、あんまり嫌な感じがしなくて楽しめたのでいいなぁとおもいました。
リラックスさせる香りとか、集中する香りとか、気持ちをしゃっきりさせる香りとか、色々効能があって医学的にも有効な(気持ち的に)手段とかで、気軽にたのしめる反面、オイルのあつかいは注意が必要があるようです
原液そのままでは手につけたりしてはいけないとか、香りの強いものは適量より少量にするとか、肌につけるとしみになりやすいものとかがあるとか、ブレンドする場合は香りの相性があるとか
ポットでオイルあっためて芳香剤代わりにするっていうのがアロマテラピーじゃなかったんですね
作ったのは、ルームスプレーと入浴剤、材料は入浴剤は塩にオイル5滴ぐらい、ルームスプレーは無水エタノール1に精製水9にオイル20滴くらい。オイルを10滴くらいにしてグリセリンをいれると化粧水にもなるとか
無水エタノールと精製水は高くないからなぁ、自分の好きな香りのする安全な体にいい化粧水が気軽に作れると思うとオイルが1000円したとしてもいいかなぁと帰りにアロマもしてる雑貨やさんでオイルを眺めながら思いました
で、ネットを徘徊しながら見つけた初心者用の本はこれがいいという一冊です

| | コメント (0) | トラックバック (0)